読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tricot

qmori.comの編み物支局です

切り替え式の竹輪針セットCarryC Long(キャリーシーロング)を購入&テスト

tool:道具

ニッターの間で評判になっていたものを、ついに買ってしまいました。
チューリップさんから昨年発売されたばかりの、切り替え式の竹輪針セット、CarryC Long(キャリーシーロング)です。 http://instagram.com/p/le-n2hq3pq/

年度末、がんばって乗り切れ自分!
ということで、自分にニンジンぶら下げてみる意味を込めて。
2年前にクローバーの切り替え輪針のセット「匠」コンボをすでに購入している(「Cloverの「匠」輪針セット〈コンボ〉を購入して使ってみました | qmori」を参照ください)のですが、良い道具はいくつ持ってても良いのです。と、自分に言い聞かせて購入。

CarryC Longは広島にある広島針で有名な手芸用品の会社Tulip(チューリップ株式会社)さんから出ている切り替え竹輪針。
公式サイトの商品詳細ページはこちら→「切り替え式竹輪針セットCarryC Long (キャリーシー ロング)
同じくチューリップさんで販売されている切り替え式竹輪針のcarryCの針の長さを少し長くしたものです。
その他の違いはmm表示だったものを日本の号数表示との併記に変更されています。
コードもcarryCより若干柔らかくなった印象です。

一時品切れが続いていたようですが(現在もチューリップさんのネット通販サイトでは品切れ中)、消費税が5%から8%に上がる前に購入したいと思い、Amazon楽天など色々調べてなんとか入手出来ました。
楽天では左から毛糸・手芸の店 テライさん、アベイル・コマドリさん、けいとのコーダさん、毛糸蔵かんざわさんが販売しているようです。
けいとのコーダさんのみ在庫なし
現在最安値でOPAL毛糸のおまけ付きの
毛糸・手芸の店 テライさんの楽天ショップで購入しました。

昨日ようやく到着したのですが、仕事で疲れ果てていたので開封の儀は週末に…と思っていたのですが深夜の地震でスッカリ目が覚めてしまったので接続部分の不具合チェックも兼ねて開封。

http://instagram.com/p/lfcxpIq3jV/

ケースの色はパールの入った紫寄りのブルー。
個人的にはあんまり好みではないです。
サイズ的には匠コンボのケースよりコンパクトな感じ。

http://instagram.com/p/lfdDCgK3jw/

ケースの中はこんな感じ。
内側はダークイエロー。
竹針なのでシリカゲル入れてくれてました。
真ん中に取り付けられたコードや小物を入れる細かいネット状のケースが良いアイデアだと思いました。
セットされているのは、

  • 4号(3.30mm)
  • 5号(3.60mm)
  • 6号(3.90mm)
  • 7号(4.20mm)
  • 8号(4.50mm)
  • 9号(4.80mm)
  • 10号(5.10mm)
  • 11号(5.40mm)
  • 12号(5.70mm)
  • 13号(6.00mm)
  • 15号(6.60mm)
  • コード3本(50cm・60cm・80cm)
  • アダプター1個
  • ストッパー4個
  • とじ針2本
  • 毛糸カッター付きゲージ1個

 針は4〜15号までセットされています。
やはり付け替え竹輪針で3号以下って難しいのかも。匠コンボにも3号以下はありません。
コードは100cmもセットして欲しかった。
コード同士を接続できるアダプターが1つ付いていますが、マジックループをするには使いにくいのです。
carryC・carryTとコードが共用できるので、100cmのコードを追加で購入しました。

http://instagram.com/p/lfd3OwK3lM/


120cmも欲しかったのですが、あいにく対応しているものは出ていないようです。

http://instagram.com/p/lfdPuEq3kG/
針の長さ比べ。
左が手持ちのクローバーの切り替え輪針匠コンボの15号。
右がCarryC Long15号の切り替え輪針。
一目瞭然でCarryC Longの方が長いです。

http://instagram.com/p/lfest5K3mq/
上の写真はクローバーの切り替え輪針匠コンボを手に持ってみた所。
短めなので接続部分にかなりの力がかかってしまっていました。
これが緩む原因だったのかもしれません。

http://instagram.com/p/lfe92jq3m9/
上の写真はCarryC Longを手に持ってみたところ。
匠コンボより長くなったので手のひらをはみ出す感じです。
これだと接続部分に負荷がかからないから折れる不安もなくなります。

http://instagram.com/p/lfeLi_K3l5/
匠コンボの弱点は、マジックループをしているとこんな風に接続部分が緩んできてしまうこと。
緩んだ部分に毛糸を挟んで引っかかってしまう。

http://instagram.com/p/lffQenK3nR/
CarryC Longは、切り替え式輪針の弱点、接続部分の緩みを解消するため、ケーブル部分が回転します。
購入するまで接続部分の金属が回転すると思い込んでいたのですが、実際に触ってみたり、編んでみたところ、ケーブルがクルクルとスムーズに回転する方式で、心配していた緩みもまったくなし。

http://instagram.com/p/lfdnZPK3kx/
ケーブルの色は匠コンボは透明、CarryC Longの方はゴールドのようなベージュのような色。
太さは大体一緒で柔らかさはCarryC Longの方が柔らかい印象です。

http://instagram.com/p/lfd_UHK3li/
接続部分のオス・メスは、匠コンボCarryC Longでまったく逆でした。

http://instagram.com/p/lfdbhuq3kZ/
針先の角度比べ。
左がクローバーの匠コンボ、右がCarryC Long
CarryC Longの方が若干鋭い。
実際に1時間ほどテストニット。
匠コンボより鋭角になったので糸割れするかと思っていましたが、ワックスが匠コンボより強めの印象で、ステンレス針のようにツルツル、スルスル、滑りが良くてストレスなく編めました。
良い買い物をしたー。 
年度末もラストスパート。
しばらく仕事メインになりそうですが、隙を見て、時々の息抜きに編み物の方も楽しみたいと思います。

Clover 「匠」輪針セット〈コンボ〉 45-150

Clover 「匠」輪針セット〈コンボ〉 45-150